インプラント治療が難しいとされるのは?

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だと言うことです。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯とちがう点として、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って初めの手術時より、大聞く骨を削る羽目になります。埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。

歯科治療はすべて同じですが、インプラント治療は治療が終われば後はほっておいて良い訳はなく、セルフケアを怠ってはなりません。毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にか換らず、歯科医の定期検診をうけることが欠かせません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、基本的に一生と説明されることが多いようですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるだといえます。口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、人工歯が役にたたないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。
インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いだといえます。これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯などの方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)とくらべると、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行なうことができます。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを置いて語れません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定され立ところで義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。治療後、一見した感じでは、多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというデメリットも承知してちょうだい。

検査から治療後のメンテナンス(こまめに行うことが状態をよく保つためには必要不可欠でしょう)まで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。

保険がきけば治療をうける方の数も増えるかも知れません。
それでも保険適用外なのはインプラント治療と一口に言っても保険が適用されるブリッジ、入れ歯などより時間も手間もかかるからです。
手術の前後には多彩な処置が必要で、かみ合わせの調整などに時間がかかりトータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。インプラント埋入手術の後、気を付けることですが、しばらくの間、極力安静に生活を送ってちょうだい。
日常生活には極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が促進され、出血がつづく恐れもあるためです。日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくと良いだといえます。インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるだといえます。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過伴に落ち着くのがほとんどです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することに努めましょう。一口にインプラント治療といっても、3ステップあると考えてちょうだい。
最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘っ立ところに埋め込みます。あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというのがだいたいの流れです。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周囲にできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヵ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、トータルで30万円から40万円と考えてちょうだい。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療をうけた方のクチコミです。

高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いができるところや、クレジットカードで支払えるところも増えています。

あわせて読むとおすすめ>>>>>歯のステイン除去効果がある歯磨き粉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です